前へ
次へ

車を買取に出す時に必要なものをお教えします

車を買取に出す際、必要な書類があります。
それは、車検証と印鑑、それから、自賠責保険証書や、納税証明書です。
また、本人確認の書類として、印鑑証明や、免許証コピーなどがあります。
車検証は、買取に出す車の年式や諸元がわかります。
また、誰の所有になっているのかなどが分かります。
それから印鑑は軽自動車の場合では、認印で大丈夫です。
普通車の場合には、実印を持っていくことです。
それから、自賠責保険は、車検が残っている車に強制的に付いている保険です。
そのため、車検証とセットで持っておく必要があります。
あと、納税証明書ですが、これは、車検が近い場合、スムーズに車検を受けることが出来る様に付けておく必要があります。
車の買取を検討している方はこれらが必要であることを知っておくと便利です。
また、本人確認の出来るものとしては買取業者の方へ車が本人である事の証明だと考えておきましょう。
万が一、亡くなられている方の車を買取に出す際は、戸籍謄本などが必要な場合があるので一度業者さんに問い合わせしてみる事です。

Page Top